2019/10

<< October 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


PROFILE

 

LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

Last.fm sugar1022mg's Profile Page

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


"少女神"第9号

フランチェスカ・リア ブロック
理論社
¥ 1,680
(2000-02)

ポップで、キラキラしてて、ちょっとメランコリックで切ない、アメリカン少女小説。
たとえばポップカルチャーの羅列、家族や友情の問題、恋。キラキラしているけど憂鬱で、不健全かつ健全な青少年、ティーン向け小説はかくあるべき、かもしれない。

でもいちばん好きなのはディテールで、小説における固有名詞と食べ物描写好きにはぐっとくるのだ。たとえば、女の子が親友との「これからのこと」に思いを馳せる描写がこれ。

 
……ポニーは家具を全部薄い黄色と薄い緑とバラ色に塗り、花とフルーツの絵を描き、割れた磁器の破片でキッチンのタイルを張りかえる。ふたりして、ハリウッドの通りで日曜ごとに開かれる野菜や果物の市場に買い物にいき、ピカソが青の時代に描いたみたいな盲目のギター弾きがスペイン語で歌うのをきく。そのむせび泣くような声は、降りしきる雨か、燃えるバラの音のようだ。ふたりで日本のトマト、新鮮なバジルやディル、有機栽培の白桃や果肉の赤いオレンジやグリーンピースなんかを買う。いっしょに丘の人目につかないところにあるヒンドゥー教の僧院アーシュラマにいって、香を買う。夕食にあたしは、松の実、バラ水、乾燥したクランベリー、ショウガの入ったクスクスを作る。朝になったら、外にいってトロピカルなパン屋でグアヴァ入りのクリームチーズのペストリーとキャロットジュースをたのむ。夕暮れには丘を走る。……

徹底してるでしょ。ちなみにこの本、文字色がカラフル(読みやすさのために彩度の低い色だけど、ピンクとかグリーンとかパープルとか)だったりして、かわいい。


スポンサーサイト

 


trackback


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--